2012年01月27日

雁木だより-10 雁木とサギ

PHOTO2012-Jan-Tsuboshima.jpg
写真:坪島 遊


原爆ドームの対岸、元安橋上流の親水テラスの雁木に、春先になると緑の絨毯(じゅうたん)が敷かれる。海からやってきたアオサの絨毯だ。
 雁木組では毎年この時期、この雁木の大掃除をするが、なかなか重労働で、去年は社会貢献活動を体験したいという団体と共同で行った。このアオサは食べられるそうで、毎年アオサ採りをされるおばさんたちがいる。しっかり洗って天日で干せばおいしいアオサ海苔(のり)になるとのことだ。
 アオサにとっての天敵は、満ち潮と共に川を上ってくるボラの子供だ。ボラはもっぱら草食系で、石や雁木に付着したアオサを体を横にして片側の口で剥(は)ぎ取りそのまま飲み込む。ボラたちが横になり銀色の腹を見せ、川底がキラキラ光るのを雁木から見ることができる。それを黙って見ていないのがコサギだ。水面近くを泳ぐボラを待ち伏せしたり、追いかけたりしながら捕って食べる姿がよく見られる。アオサの絨毯は4月の終わりには見事なほどあっさりと姿を消す。
 その4月になると、本川と京橋川の別れにある通称サギ島で、サギたちの子育てが始まる。卵を産む時期は大型のアオサギ、ダイサギが先で、コサギは6、7月になる。子育ての時期が違うのは他のサギ山でも同様だが、特にこのサギ島では場所が狭いためか明確だ。なぜ大型が早いか。コサギが早く雛をかえすと、親鳥がいない隙(すき)に大型のサギがコサギの雛を食べてしまうから、と言われている。巣を作る位置も上手く分かれ、大型のサギは高い位置、コサギは中ほどだ。
 サギ島では毎年、糞やペレット(口から出す未消化物)で木が真っ白になる。他のサギ山はみな、このために数年もしないうちに木が枯れ別の場所に繁殖の場を移す。ところが、ここはいつのまにかまた葉が茂り、サギたちが集まる。その意味では珍しい場所だ。8月初めまでは賑(にぎ)やかなサギ島だが、それを過ぎるとねぐらは別のところに移し、サギ島は休憩場所になる。冬になって、日が短くなり餌を採る時間が少なくなると餌場に近いサギ島にまたねぐらを移す個体もいる。サギ島の四季はこのところ安定してこのサイクルを繰り返し、どの季節も雁木タクシーのお客さんに、一番喜ばれるスポットになっている。

文:坪島 遊  (2012年01月19日毎日新聞「雁木だより」から)

■写真説明 原爆ドーム前の川面を歩くサギ=写真はいずれも坪島遊さん撮影
■写真説明 この季節、太田川では珍しいコサギのV字飛行を見ることができる

雁木だより2012年1月(毎日新聞).jpg

pdfはこちら
posted by gangidayori at 01:23| Comment(0) | 雁木だより

2011年12月16日

雁木だより-9 護岸ぐるみ、各戸が建設

雁木だより2011年4月800.jpg
 広島市内に現存する雁木は、いつ頃造られたのか。NPO法人雁木組では、雁木の成り立ちを調べ、文化的な価値を検証する取り組みを、専門家の協力を得て進めてきた。
 建造年代の特定は、石の種類や加工法、積み方、痕跡などを技術的な視点で調査し、写真・史料などを根拠に検証をする。原爆で多くの史料が失われた広島では、容易な作業ではない。それでも、京橋川の栄橋から京橋にかけての右岸側は、明治中頃以降に個人によって造られたらしいことが分かってきた。
 水辺の邸宅に生まれ、現在もこの地に住み続ける人がいる。今西正治さんは1917(大正6)年生まれ。「この辺りの護岸と雁木は各家が造りました。『うちの雁木』は祖父が造ったものです」。確かに、この区間の護岸は平積みや切込み矧(は)ぎの石積みなど、数十メートルごとに石の種類も工法も異なり、個々人が建造したことを裏付ける。裕福な家が別荘として屋敷を構えたそうだが、数度の大水害に耐えた護岸の建造には、受け継がれてきた知恵と技術だけでなく、それを支える資金力もあった。
 今西さんによると、邸宅を建てるには、まず護岸と雁木を造り、雁木から建築資材を荷揚げした。今春(こんぱる)流の師範だった今西家は、川沿いの「離れ」を能舞台として使うこともあった。
「明神祭りには舟屋さんを呼び、お弟子さんや芸者さんを招いて舟で見物にでかけました」。2件隣の桑本さんは戦前、桜の時期はお茶席を設けたり、親戚一同でお弁当を持って舟で花見をしたという。
雁木を通して豊かな暮らしが伺える。
 今西さん宅前の雁木に埋め込まれている土管は、前庭の池の水を川に流すためだった。石の表面の剥離は、護岸の上に建っていた離れが原爆で焼け、石が長時間高熱に曝(さら)された証しである。雁木の両袖の石の種類が異なるのにも理由がある。一つの雁木を2軒の家で共有し、その後、雁木は半分の幅になったためだそうだ。戦後、竹屋小学校と幟町小学校にプールができるまで、子供たちはこの雁木を降りて川で水浴をしていた。
 今西さんは少年時代、雁木や護岸をモルタルで補修するのが夏休みの仕事だったという。護岸は自邸の一部なのだろう。その庭と護岸は、今は公共の場所に整備され、自治体が管理をする。
 雁木は広島の豊かな水辺の暮らしを雄弁に語る。文化的な価値とは、地域の人々に愛されているかどうかが一つの重要な要素と聞く。市民の手で、この雁木を後世に残したい。
文:氏原睦子=NPO法人雁木組理事長 (2011年12月15日 毎日新聞「雁木だより」から)

雁木だより2011年12月(毎日新聞).jpg
posted by gangidayori at 00:32| Comment(0) | 雁木だより

2011年11月28日

雁木だより-8 パッチワーク状の異なる石積み

PHOTO2011-11-doi.jpg


 古くから水運が盛んだった広島で、干満差の大きな河川ならではの船着き場として発達した「雁木」。
物流の拠点としての役割を持った公共的性格の雁木もあれば、河辺に面した各戸に設けられた私的な雁木もある。とりわけ個性的な雁木が現在も残るのが、京橋川の右岸側(現在の中区幟町から橋本町にかけての一帯)だ。どれも個性的で、どのようにしてここに現存するのか、人々や建物は暮らしの中で、どう雁木とかかわってきたのか。想像をかきたてる。
 この区間に残る護岸が整備されたのは、明治時代中頃以降のことになる。雁木は階段状の護岸として、同時に建造されている。江戸時代には、左岸(現在の南区京橋町かいわい)が、町人町として築かれ、水際まで家々が建ち並んでいたのに対し、右岸側はゴロゴロとした石と竹やぶのままだった。背後にある武家屋敷と水辺は、全く遮断されていたと考えられる。
 しかし、明治に入ると、藩が廃され、広島県・広島市へと移行すると、護岸の築堤を条件に、この地に邸宅を建てることが許された。個人で護岸を造るとは、よほど豊かな人々が屋敷を構えたのだろう。船上から護岸を眺めると、一目瞭然だ。かつての屋敷ごとに、異なる石積みがパッチワーク状に連なる。
 この連続する屋敷の一つ、幟町に育った高橋(旧姓沖田)澄江さんが、大手町で旅館を営んでいた祖父から聞いた話によると、沖田家は明治期にここに邸宅を構えたそうだ。現在、ホテルフレックスが建っている位置が邸宅の跡地で、河岸緑地として整備されている場所は、庭と「離れ」だった。河岸緑地には、その名残である大きな庭石が、ポツポツと残されている。
 個々の雁木を見ると、船を舫(もや)う鉄環が残されていたり、天井や裏木戸、排水溝など、人々が川に向き合っていた往時の証しを随所に見出せる。
 この水辺の文化を大切に守り、後世につなげていく取り組みとして、NPO法人雁木組が事務局の実行委員会は今月25日の夜、京橋から稲荷橋にかけての京橋川左岸で、「雁木クリスマス&水辺JAZZ」と題したイベントを企画している。それに先立つ19日には、石積みの隙間の草などを除去したり、一帯を清掃する保全活動を予定している(RCC文化センター前で午前9時から)。ぜひ参加されて、かつての水の都の暮らしに思いを馳(は)せていただきたい。
文:氏原睦子=NPO法人雁木組理事長 (2011年11月17日 毎日新聞「雁木だより」から)

雁木だより2011年11月(毎日新聞).jpg
posted by gangidayori at 00:28| Comment(0) | 雁木だより